一周忌法要の読経

おすすめ

一周忌法要の時だけ来てもらう

一周忌を家族だけですることになり、余計なお金をかけたくないと思っていたらお坊さんの派遣してもらえるサービスを見つけてお願いしました。どの宗派でも大丈夫でしかも定額で来ていただけました。余分な追加費用もかかりませんでした。すごく助かります。費用もかからず滞りなくできました。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

お葬式のときに故人に喜んで欲しくて行ったことについて

"お葬式のときに、みなさんは故人のことを想って行ったことって何かありますか?本当は生きている間にしたかったこともたくさんあると思いますけれども、せめてお葬式だけでも喜んでもらえたらと願って行ったことはありますか? そういう私はどうなのかというと、実はあるんですよね。うちの母のお葬式のときに。本当に突然亡くなったということもあって、もっとああしてあげれば良かった、こうしてあげれば良かったと悔いがもの >>お葬式のときに故人に喜んで欲しくて行ったことについての詳細を確認する

ありがとう。バイバイ!

"私は、大好きだったひいおばあちゃんとおじいちゃんを、立て続けに亡くしました。 ひいおばあちゃんが亡くなった時、お棺の蓋が閉められる時と火葬場の扉が閉まる時、まだ元気だったおじいちゃんがひいおばあちゃんに向かって「バイバイ!」と大きく手を振っていたのが印象的でした。 おじいちゃんはひいおばあちゃんをとても大切にしていて、よく一緒に出掛けていました。その「バイバイ!」は、まるでまた会えることを前提に >>ありがとう。バイバイ!の詳細を確認する

いとこが行った気の利いた行動

"私の伯父の家には、祖父の弟が一緒に住んでいました。子供の頃は、そのおじいさんが一体誰なのかが分からず、両親に聞いてみると「昔戦争に行って、精神的なショックがあったらしく一人では暮らせないから伯父さんの所に住んでいる」と教えてくれました。 伯父の家は自営業なので、一緒に生活しつつ仕事も手伝っていたのですが、きちんと正社員として雇われていましたし、私のいとこ達とも本当のおじいちゃんと孫のように仲が良 >>いとこが行った気の利いた行動の詳細を確認する

僧侶はズルい?現代の糞掃衣

"皆さんは、「糞掃衣(ふんぞうえ)」という言葉をご存知でしょうか。 お釈迦様(ブッダ)の頃の僧侶は、汚物を拭ったようなボロボロの布を衣服として用いており、 その衣のことを糞掃衣と言います。現代風に言えばリサイクル・リユースの精神ですね。 この糞掃衣について、興味深いお話を聞いたことがあります。 以前、そのお坊さんがお葬式を済ませた後のこと。 檀家さんのお子さんで、小学校低学年くらいの男の子が駆け寄 >>僧侶はズルい?現代の糞掃衣の詳細を確認する

親鸞の教え「だれでも成仏できる」を説いていただきました

"私の菩提寺は親鸞を宗祖とする浄土真宗のお寺です。祖父の代からお世話になっています。祖父は北陸の山村の生まれで、考えてみると親鸞は佐渡に島流しになっていますから、それで北陸に浄土真宗が広まったのかも知れません。 私は両親をすでに亡くしていて、いずれの葬儀でも喪主を務めましたから、菩提寺の住職とのおつきあいも自然に生まれました。法要の時のお説教だけでなく、個人的に「親鸞の教え」を説いていただく機会も >>親鸞の教え「だれでも成仏できる」を説いていただきましたの詳細を確認する

最愛なる夫との突然の別れ

" 私は3年前に交通事故で最愛なる夫をなくしました。私たち夫婦の間には、娘が一人います。幼い娘は、突然の父親の死を理解できる年齢では到底ありません。娘は純粋に、パパはどこ?と探し回っていました。そんな娘の姿を見ていると、たった1歳にして大好きなパパと永遠に会えなくなってしまって可哀想に想い、私はただ涙を流すしかありませんでした。 突然夫を失い、悲しすぎる現実が辛くて自分の殻に閉じこもりたい状況で >>最愛なる夫との突然の別れの詳細を確認する

父のお葬式に参加して

"20代半ばの頃に父が亡くなり、突然お葬式をすることになりました。 家族で話合った結果、ホールではなく家からお葬式を出すことにして、葬儀屋さんとのやり取りを母が中心になって準備を進めました。 父が長年住んでいた家から送り出せるのはとても良かったですが、家族と親族しか家の中には入れず、近所の人、友人、職場関係者は外で参列してもらうことになってしまいました。 1月の寒い時期だったので外にいてもらうのは >>父のお葬式に参加しての詳細を確認する

お葬式の形

"ここ数年、お葬式に対する意識が変わろうとしています。 費用の問題よりも故人の最後のお別れの形を重視することが大切ではないかと考えるようになったからでしょうか。 お別れはひとそれぞれのやり方がありますが、大勢の人に送られる斎場でのお葬式が本当に必要なのかどうか。 斎場で行う場合は来ていただく人の数も多く、受付から食事の支度等とても多くの仕事が発生するため人の手を借りなければなりません。忙しく動き回 >>お葬式の形の詳細を確認する

少しでも安く上げたいお葬式

私も、施主として、お葬式を取り仕切りましたが、こんなにお金と時間がかかるとは思いませんでした。お年寄りが、葬式代を蓄えるわけです。葬儀代は、予想の範疇でしたが、僧侶代と香典返しが思ったよりかかりました。葬儀の風習も、地区や宗教によりまちまちで、頼んだ寺社では、きびしいタイプだったため、いろいろ費用もかさみました。葬儀中も、来客者のあいさつから、葬儀社との打ち合わせなど、なかなか忙しく、終わったら手 >>少しでも安く上げたいお葬式の詳細を確認する

嫁いで初めてのお葬式

"とある田舎に嫁いだ私。 主人の家からは反対されていて、「この家の敷居またぐな」とも言われていたので、主人の親戚にも何も挨拶もしていなかったのだけど、嫁いで半年後くらいでしょうか、 主人の叔父さんが急に亡くなりました。 義母の弟で、近くに住んでいましたので、仕方なくお葬式に呼ばれることになりました。 そこでまず、言われたのが、 「髪がぼさぼさはダメだから、美容院に行ってきなさい」 「割烹着を買いな >>嫁いで初めてのお葬式の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

ありがとう。バイバイ!
"私は、大好きだったひいおばあちゃんとおじいちゃんを、立て続けに亡くしました。 ...

僧侶はズルい?現代の糞掃衣
"皆さんは、「糞掃衣(ふんぞうえ)」という言葉をご存知でしょうか。 お釈迦様(ブ...

親鸞の教え「だれでも成仏できる」を説いていただきました
"私の菩提寺は親鸞を宗祖とする浄土真宗のお寺です。祖父の代からお世話になっていま...